Loading…
This event has ended. View the official site or create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own
View analytic

Sign up or log in to bookmark your favorites and sync them to your phone or calendar.

Monday, November 9
 

12:30

Door Open & Registration
Monday November 9, 2015 12:30 - 13:00
TBA

13:00

Opening Remarks
Speakers
avatar for Noriaki Fukuyasu

Noriaki Fukuyasu

VP of Japan Operations, The Linux Foundation


Monday November 9, 2015 13:00 - 13:15
TBA

13:15

The State of Open Source in Business 2015: opportunities & challenges (2015 年のオープン ソース ビジネスの現状 - チャンスと課題)- Jim Zemlin, Executive Director, Linux Foundation

There is no secret any more that Linux and other open source software runs the business all across the world, and in 2015 we have been seeing even futher growth of open source in terms of the industry segments they are used, such as IoT, automotive, aerospace and more, as well as the amount of codes contributed from those new industry to open source upstream projects.

In this session, Mr. Jim Zemlin will share some of the latest trends of open source in business that he has been seeing past several months as the Executive Director of Linux Foundation & the host of many new industry driven open source initiatives (such as AllSeen Alliance, Automotive Grade Linux, CloudFoundry OpenDaylight, OPNFV and many more)
Zemlin will also share the challenges that the open source industry is facing, which the industry can solve by teaming up.

ー日本語訳ー
Linux などのオープン ソース ソフトウェアが世界中のビジネスを動かしていることはもはや公然の事実ですが、2015 年はさらに IoT、自動車、航空宇宙などの分野でもオープン ソースの使用が広がりを見せ、これらの新分野からオープン ソース アップストリーム プロジェクトへのコード貢献も増えています。

このセッションでは、彼が Linux Foundation のエグゼクティブ ディレクターとして、また各種の新しい業界主導オープン ソース イニシアチブ (AllSeen Alliance、Automotive Grade Linux、CloudFoundry OpenDaylight、OPNFV など) のホストとしてここ数か月見てきたオープン ソース ビジネスの最新トレンドを紹介します。また、オープン ソース業界が直面している (協力することで解決可能な) 課題についても語ります。 


Speakers
avatar for Jim Zemlin

Jim Zemlin

Executive Director, The Linux Foundation
Zemlin’s career spans three of the largest technology trends to rise over the last decade: mobile computing, cloud computing and open source software. Today, as executive director of The Linux Foundation, he uses this experience to accelerate innovation in technology through the use of open source and Linux. At the Linux Foundation, Zemlin works with the world’s largest technology companies, including IBM, Intel, Google, Samsung... Read More →


Monday November 9, 2015 13:15 - 13:45
TBA

13:45

Open source networking and the enterprise (オープン ソース ネットワークと企業) - Neela Jacques, Executive Director, OpenDaylight

How do dominant OpenSource platforms like Linux emerge? Who are the first to contribute and adopt and how can you predict which projects will succeed? Within the networking industry we’ve already seen the major telecommunications providers emerge as the first to invest heavily in Open Source technologies such as OpenDaylight. Next we are seeing web-scale enterprises and other organizations with infrastructure needs that increasingly resemble those of service providers -e.g., Financials, Media Service Providers, and Retail/Transportation - look to Open SDN and NFV for their networks.

OpenDaylight Executive Director Neela Jacques will provide an overview of the emergence of OpenDaylight as the de-facto standards for SDN and NFV, showcase data on the amount of work within the Open networking movement and the surprisingly high percentage happening in OpenDaylight.

ー日本語訳ー
Linux などの主要オープン ソース プラットフォームはどのように生まれるか? 最初に貢献・採用するのは誰で、どうすれば成功プロジェクトを予測できるか? ネットワーク業界では、まず OpenDaylight などのオープン ソース技術に大規模投資を行う大手通信プロバイダーが現れました。続いて、Web スケール企業などがインフラを必要とし (金融、メディア サービス プロバイダー、小売り/運輸などのサービス企業のインフラ ニーズと同様に)、自社のネットワークに対応する Open SDN や NFV に期待を寄せています。
OpenDaylight のエグゼクティブ ディレクター Neela Jacques が、SDN と NFV のデファクト スタンダードである OpenDaylight 誕生のあらましを語り、オープン ネットワークのムーブメントに見られるさまざまな取り組みのデータや、OpenDaylight で高確率で実現できることをお見せします。 


Speakers
avatar for Neela Jacques

Neela Jacques

Executive Director, OpenDaylight
As OpenDaylight's executive director, Nicolas “Neela” Jacques works with the OpenDaylight community to advance SDN and NFV with a developer-driven open source platform for products and technologies that expand the intelligence, programmability and performance of network infrastructures. He oversees and provides guidance for all aspects of the project, from governance and technology to community and marketing and reports to the... Read More →


Monday November 9, 2015 13:45 - 14:15
TBA

14:15

Code that Really Flies: Open Source on the ISS(本当に飛ぶコード: ISS に使われるオープン ソース) - KEITH G. CHUVALA, Technical Area Lead, NASA (ビデオ会議形式)

In recent years development groups at NASA have increased the inclusion and integration of open source software in systems in use on board the International Space Station today. In this session we'll present some of the software that is contributing to the Human Spaceflight Program, talk about the challenges and joys of producing systems suitable for space flight, dream just a bit about the future of software in space, and opportunities for developers to contribute to our shared dreams for space exploration.

Outline:
· Open source software used operationally on the ISS
· What's on the horizon – systems in development that employ open source
· Challenges for employing open source solutions in production Space Systems
· NASA's efforts to encourage open source development
· What would YOU like to contribute to?

ー日本語訳ー
近年、NASA の開発グループは、国際宇宙ステーションに搭載使用するシステムにおけるオープン ソース ソフトウェアの含有・集積を強化しています。このセッションでは、有人宇宙飛行プログラムに貢献しているソフトウェアを紹介し、宇宙飛行に適したシステムを開発することの難しさや喜び、宇宙におけるソフトウェアの未来についての夢、そして開発者が宇宙遊泳という共通の夢に貢献できるチャンスについて語ります。

概要:

  • ISS の操作に使用されているオープン ソース ソフトウェア
  • これから何が起こるのか ー オープン ソースで開発中のシステム
  • 宇宙システム開発におけるオープン ソース ソリューション採用の課題
  • オープン ソース開発を奨励する NASA の取り組み
  • あなたならどんな貢献をしたいですか? 

Speakers
avatar for KEITH G. CHUVALA

KEITH G. CHUVALA

Technical Area Lead of the International Space Station Laptops and Network Integration group, NASA
Keith Chuvala is the Technical Area Lead of the International Space Station Laptops and Network Integration group, and an engineering manager for Lockheed Martin at NASA's Johnson Space Center in Houston, Texas.  He started career at NASA in 1999 developing software for the Space Shuttle program.  Today he leads a number of technical groups that support the International Space Station Avionics Software Office.  Keith and his wife... Read More →


Monday November 9, 2015 14:15 - 14:45
Video Conference

14:45

Break
Monday November 9, 2015 14:45 - 15:00
TBA

15:00

A tale of Creative Destruction(創造的破壊の物語) - Jason Jackson, CTO for APJ, Pivotal
We are entering a new era of Creative Destruction, where industrial age companies are being forced to become innovative software companies. Jason K Jackson will discuss how in this new era of digitally connected people, the traditional competitive landscape has changed. We are seeing the beginning of a disruption driven by a new era of technology, where the existing order must fail - to make way for a new era of OpenStack and CloudFoundry enabled development and operations.

ー日本語訳ー
私たちは創造的破壊という新たな時代に入ろうとしています。これからは、工業化時代の企業が革新的ソフトウェア企業に変わらなければなりません。Jason K Jackson は、人々がデジタルにつながっているこの新時代に、伝統的な市場勢力図がどのように変化しているかをお話します。新たな技術の時代にけん引された混乱が始まっています。そこでは今までの秩序が消え、OpenStack と CloudFoundry が実現する開発と運用の新時代が幕を開けています。 

Speakers
avatar for Jason Jackson

Jason Jackson

CTO and Director of Advanced Field Engineering for APJ, Pivotal
Jason K Jackson is the CTO and Director of Advanced Field Engineering for Pivotal in APJ, where he is responsible for helping the region’s most strategic customers successfully implement technology and process for cloud and “3rd Platform” services.  Previously, he was the Director of Cloud Services APAC for Citrix, and was instrumental in the success of every large cloud deployment in APAC.  Jason originally... Read More →


Monday November 9, 2015 15:00 - 15:30
TBA

15:30

OSS/PaaSで実現するビジネスの加速、サービスと利用事例 - 日本 CloudFoundry グループ
2011年4月のソースコードが公開されたCloud FoundryはPaaS基盤を構築できる先駆的なOSSです。PaaS基盤を活用すると、より効率的なアプリケーションソフトウェアの開発や運用を可能になります。公開から4年半を経てOSSとしての成熟期に入り、ビジネスを加速するツールとして利用が広がっています。海外ではビジネスでの活用事例が増えています。日本でも、IBM,富士通、NTTコミュニケーションズなどのクラウドプロバイダがCloud FoundryをベースとしたPaaSを提供し、企業での利用が進んでいます。一方で、PaaSはどのような内容で、どう使えばよいのかよくわからないという声も耳にします。本報告では、PaaSの魅力、企業での効果的なPaaSの活用方法、利用事例を4人のリレートークで発表します。

Speakers
avatar for 草間 一人

草間 一人

理事, 日本Cloud Foundryグループ
日本Cloud Foundryグループ 理事、PaaS勉強会 主宰 | ICT企業でCloud FoundryをベースとしたPaaSの開発を主導。その傍らで、PaaS技術の普及のためPaaS勉強会を主宰。また、日本Cloud Foundryグループでも理事としてCloud Foundryの普及にむけた活動を行っている。
avatar for 紫関 昭光

紫関 昭光

日本アイ・ビー・エム株式会社
慶応義塾大学工学部計測工学科 卒業 | 1981年 日本アイ・ビー・エム株式会社 入社 | 1981年 藤沢研究所 ハードウエア製品開発エンジニア  大和研究所 ソフトウエア製品開発エンジニア | 1996年 IBM Asia Pacific ビジネスインテリジェンス マーケティングマネジャ | 1998... Read More →
avatar for 高橋 直人

高橋 直人

日本Cloud Foundryグループ 監事, 株式会社 富士通研究所
日本Cloud Foundryグループ 監事 株式会社 富士通研究所 | 日本Cloud Foundryグループ設立メンバー2011年より個人活動としてCloud Foundry関連活動を開始富士通株式会社入社後、Interstageファミリの開発の開発に従事。富士通研究所出向後、PaaS関連の研究調査に従事ウォーターフォールからアジャイル(スクラム)型開発まで広く開発経験がある
avatar for 中川 真一 

中川 真一 

日本Cloud Foundryグループ設立メンバー, 日本電信電話株式会社
研究所に配属後、通信システムの過負荷制御法・管理の方法研究、IPレイヤ4の新プロトコルの試作開発、無線(RFID)タグを活用したアプリケーションの実用化開発、次世代NWシステム(NGN)の総合検証、研究所内情報システムのと更改と運用、2011年7月からはOSS/Cloud Foundryに関わる開発と普及活動に従事。日本Cloud... Read More →


Monday November 9, 2015 15:30 - 16:15
TBA

16:15

Break
Monday November 9, 2015 16:15 - 16:30
TBA

16:30

Creating an Open Source Office: Lessons from Twitter(オープン ソース オフィスの立ち上げ: Twitter で学んだこと) - Chris Aniszczyk, The Linux Foundation

According to some studies, open source is being adopted by well over half the companies in existence. Common challenges when companies start adopting open source is how do you contribute back or what do you even open source. Companies like Google, Intel, Facebook and Twitter have chosen to establish open source offices to facilitate working with open source communities.

In this session, I will speak from my perspective of creating and running Twitter’s open source office (@TwitterOSS). From a historical perspective, in 2011 Twitter embarked on the journey of creating an open source office to facilitate its collaboration with open source projects and communities the company depended on. We will dig in on why we started an open source office and how we established our open source culture. Furthermore, we’ll also go over some lessons learned on top of discussing why we open sourced certain projects and why we didn’t open source others.

We hope you will walk away with an idea on how to start an open source office along with ideas that can bring to improve open source collaboration within your organization.

日本語訳:
ある調査によれば、現存する企業の半分以上がオープン ソースを利用しています。オープン ソースを初めて導入する際に企業が共通して悩むのが、自分たちはどのようにオープンソースに貢献したらよいかということです。Google、Intel、Facebook、Twitter といった企業はオープン ソース オフィスを設立してオープン ソース コミュニティとの連携を促進することにしました。
このセッションでは、Twitter のオープン ソース オフィス (@TwitterOSS) の立ち上げと運用に関する私の見解をお話しします。2011 年、Twitter は同社が利用している各種オープン ソース プロジェクト / コミュニティとのコラボレーションを促進するために、オープン ソース オフィスの開設に着手しました。私たちがオープン ソース オフィスの開設に至った経緯や、どのように同社のオープン ソース カルチャーを確立したかについて詳しく説明したいと思います。また、特定のプロジェクトをオープンソース化し、その他のプロジェクトをオープンソースにしなかった議論から得たことについてもお話しします。
オープン ソース オフィスの始め方のヒント、社内のオープン ソース コラボレーションを強化するためのアイデアなどを皆さんにお伝えできれば幸いです。 


Speakers
avatar for Chris Aniszczyk

Chris Aniszczyk

VP, Developer Programs, The Linux Foundation
Chris Aniszczyk は、オープンソースとコミュニティ構築に情熱を燃やすエンジニアで、The Linux FoundationのDeveloper Program 担当VPです。 | 以前はTwitter 社のオープン ソースプログラムを開発し、同社のオープン ソース オフィスのリーダーを務めていました。 | 長年にわたり、コミッター コミュニティの代表としてEclipse Foundation... Read More →


Monday November 9, 2015 16:30 - 17:00
TBA

17:00

SI Forum Panel: グローバルITと日本のITのギャップ分析 :日本のSIベンダの課題 - The Linux Foundation SI FORUM
日本では、いわゆるエンタープライズシステムのユーザは、このSIerに設計・コンサルから始まり、ハードの選定、ソフトウェア開発、システムの構築、およびその後の運用に至るまでを SIerにアウトソースするケースが非常に多いです。
一方、海外で「System Integrater (=SIer)」というと「??」という反応をされます。
海外(特に欧米)の多くのトップ企業の多くは、今後の自社の競争力強化施策としてのIT戦略に非常に力を注いでおり、社内に協力なITチームを抱えます。
従って日本のSIerに該当するような業種が存在しないようです。

このSIerという業態は、大手のユーザ企業がエンタープライズシステムの導入や運用を大胆にアウトソースする日本の特殊な市場特性を反映して出現した産業であると言えます。

今回のパネルディスカッションでは、日本の再大手SIerであるNECソリューションイノベータ、NTTデータ、日立ソリューションズ、富士通の各社のOSS担当者が自身が大胆にもこの話題に切り込みます。 

Moderators
avatar for Noriaki Fukuyasu

Noriaki Fukuyasu

VP of Japan Operations, The Linux Foundation

Speakers
avatar for 野山 孝太郎

野山 孝太郎

共通ソフトウェア開発技術本部ソフトウェ開発技術統括部OSS技術センター マネージャー, 富士通株式会社
富士通においてLinuxやOSSの適用支援、エンジニアに対する技術支援を10年以上に亘って担当。日本/北東アジアOSS推進フォーラム、PostgreSQL Enterprise Consortiumなどにおいても活動している。
avatar for 三浦 広志

三浦 広志

基盤システム事業本部 課長, 株式会社NTTデータ
OpenStack Swiftを活用したクラウド・ソリューションをNTTデータで展開している。 | 1990年代後半ころから、Linuxカーネル開発、Samba日本語版など、OSSの開発にも多数貢献している。 | 神戸情報大学院大学講師、早稲田大学講師、情報処理推進機構 OSSセンター研究員などを歴任してきており、現在は、クラウドOSSの展開に注力している。
avatar for 林 正彦

林 正彦

プラットフォームソリューション事業本部・OSSソリューションセンター長, NECソリューションイノベータ株式会社
メインフレームOS開発、金融SE、テレコムキャリアSEを経て、オープンソース活用戦略検討、オープンソースを活用したSIや製品/ソリューション開発、OSSスタック検証/ポート、OSSコミュニティ対応などオープンソース全般の活動を担当している。
avatar for 吉田 行男

吉田 行男

研究開発部 主幹技師, 株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画に携わり始め、その後、“LAMP”などのオープンソースの盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスの立上げに奮闘している。 | 株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部 | 研究開発部 主幹技師


Monday November 9, 2015 17:00 - 17:45
TBA

17:45

Closing Remark
Speakers
avatar for Noriaki Fukuyasu

Noriaki Fukuyasu

VP of Japan Operations, The Linux Foundation


Monday November 9, 2015 17:45 - 17:55
TBA